claponの心の旅路

大好きな和泉宏隆さんの音楽を追いかけて西へ東へ奔走する旅の様子を綴ります。

2/9 和泉宏隆ソロピアノ@本厚木Cabin

昨日は和泉さんのソロピアノ(?)のライブ@本厚木Cabinに行ってきました〜。

f:id:clapon:20200210204601j:image

ロピアノなんだけど、サポートベーシストの方がときどき入るというライブです。

 

お店に向かって少し早めに到着。しばらく待っていよいよ開場で座席に案内していただける…と思っていたら、なぜか予約が通ってなかった(´;ω;`) 情報が出てすぐに予約して、ライブの時間とか電話でいろいろ確認したのにー(´;ω;`)

そんなわけでショックでしたが、なんとか席を用意していただけて、最前列のはしっこのテーブルなし席に座りました。もうちょっと後になると立ち見の人もいたので、早めに来て正解だったー! 立ち見だとショックが大きすぎる。まあ曲がりなりにも最前列なのでよかったかな?

 

f:id:clapon:20200210210513j:image

しかし肝心の和泉さんは譜面台の陰になって見えない感じ。うーむ。

 

f:id:clapon:20200210210607j:image

ちょっと調子が悪かったので珍しくノンアルコールです。

 

前回の横浜Hey-JOEでの和泉さんのソロライブ(?)では、エレピを弾くとかベーシストをゲストに呼ぶという発表が直前にあり、えっアコースティックピアノのソロじゃなくなる…?(´;ω;`)と大ショックを受けて、いろいろしょんぼりしてブログも書けないほどだったのですが、和泉さんがその後に「やはりエレピとサポートベーシストは必須」と言い出してさらに大ショック。寝込みました。

 

そんなわけで、今回もそのライブと同じ感じだったらショックだ…と思ってやってきたのですが。(愚痴っぽくてすみません)

 

友達と隣の席になったのであれこれ話してるうちに開演〜!

 

印象的なイントロから始まります。聴いたことのないメロディなので、きっと新曲の一部なんでしょうね!

そのあとからThe Water is Wideにつながり…、この季節にぴったりのSnow Flower♪  

この曲は昔、Hey-JOEでのソロライブのときにリクエストされて弾けなくて「くそーっ」となってたのを思い出します( ^ω^ ) フラットばかりで難曲らしい。今回はとても美しく繊細な演奏で完璧でした(*‪´∀`‬*)  お稽古しっかりしたんだろうなー。

そのあとは、唱歌の探梅でした。この時期に弾きたくなる曲らしいです。

 

続いては2ndアルバムからAmosheナンバー4連ちゃん。聴きたかったPier 7が聴けてニッコリ(*‪´∀`‬*)

 

「ここらへんで和みたいので…」と言ってエレピタイムに。サポートベーシストの加藤祐一さんが登場して一緒に演奏されます。曲はCape Light! ベースの目の前なのでベースアンプの音が大きくてびっくり(´⊙ω⊙`)

続いてはスティービー・ワンダーのYou're the Sunshine of My Life♪ この曲はさすがエレピの出番なだけありますねー! 楽しかった。

 

1部が終わったところで、前回のライブよりアルバムからの曲が多かったのでホッとしました。

 

2部はまたまたソロピアノから。1stアルバムの曲もやっていただけてよかった!

リクエストしてたMeryluもやってくださって嬉しかった(*‪´∀`‬*)

続いてはWhite ManeとTwilight in Upper Westでグッとくる…。やはり和泉さんのソロで聴くのはいいなあ〜! 冒険的なBreeze and Youも弾いてくださいました♪

 

ここからまたエレピ&ベースで、ビリー・ジョエルのJust the Way You Are。イントロからして印象的ですよね。

次はアコースティックピアノとベースでパット・メセニーのSpring Ain't Here。

 

最後は定番で…と言って、Omens of LoveとTakarajimaでした〜。今回はアルバムの曲をたっぷりやってくださって安心したー(*‪´∀`‬*) 聴けてよかった…

 

アンコールはForgotten Sagaで!

 

みんなじっくりと聴き入り、和泉さんが下がっていったけど拍手は止まず。そのままアンコールの拍手になって、ダブルアンコール!

またバラードはなんなので…と言って、Mistralでした! 激しくかっこよかった! 

 

会場もみんな大満足で喜んでらっしゃいました。私も満足できて嬉しかった(*‪´∀`‬*) こんな感じならエレピとDuoがあっても楽しく聴けます。よかった!

 

次のライブはどんな感じになるのかわかりませんが、サポートは入るのか? どうなるかドキドキですー。

 

<セットリスト>

The Water is Wide(スコットランド民謡)

Snow Flower

探梅(唱歌

River

Blue Forest

Pier 7

Soul Trip

Cape Light

You're the Sunshine of My Life(スティービー・ワンダー

 

Memories of Alice

Merylu

White Mane

Twilight in Upper West

Breeze and You

Just the Way You Are(ビリー・ジョエル

Spring Ain't Here(パット・メセニー

Omens of Love

Takarajima

 

Forgotten Saga

 

Mistral

 

2/7 伊東たけし メロウ・マッドネス・セプテット "Luxury Night 2020"@丸の内 Cotten Club

伊東たけしさんのメロウ・マッドネス・セプテットのライブ@丸の内 Cotton Club(2月7日)の1stと2ndショーに行ってきました!

 

予定の都合で開場の3時間前にお店に到着…!

f:id:clapon:20200208174046j:image

早すぎるので近くでビールを飲んで待ちます(けっこう飲んだ)

f:id:clapon:20200208174212j:image

 

今回は伊東さんのライブに合わせて、伊東さん風のサブバッグを持ってきました(*≧∀≦*) 本人公式グッズと見まごうばかりのそっくりさ!

f:id:clapon:20200208174251j:image

 

ダラ飲みしていい感じになったところで、コットンクラブに並び、開場を待ちました。

1stはキーボードの目の前の最前列に座れましたー(*‪´∀`‬*)

f:id:clapon:20200208174635j:image

 

出演者:

伊東たけし (alto sax,EWI)、宮崎隆睦 (sax)、Luis Valle (tp)、白井アキト (key)、養父貴 (g)、田中晋吾 (b)、川口千里 (ds)

 

f:id:clapon:20200208175335j:image

 

伊東さんのメロウ・マッドネス・セプテットのライブを聴くのは今回が初めて!  さらに伊東さんのソロアルバムも聴いたことがないので(すみません)、まったく知識ゼロです…。どんなになるのかワクワク!

そんなわけで、曲名などはほとんど何もわからずの初心者感まるだしの感想になります‪(´∀`;)‬

 

いよいよ開演♪ 

メンバーみんなが登場し、演奏が始まって圧倒されましたー♪ 迫力があってかっこいい! トランペットとテナーサックスのホーンセクションが入るととても豪華に聞こえますね! こういう感じの曲調、大好きだ〜(*‪´∀`‬*)  1曲目からぐっと引き込まれました!

 

「今日はいっぱい楽しんで免疫力を上げてくださいね」と時事ネタをさりげなく入れてくる伊東さん( ^ω^ )

 

白井アキトさんの目の前だったので、演奏をじっくり間近で聴くことができました。今回もソロがキレキレ。フュージョンのイメージが強いけど、今回間近で聴いているとジャズっぽい要素も存分に感じられて、いろんな引き出しを持っていらっしゃるんだなとあらためて驚き。楽しそうに演奏されるので見てるこっちもニコニコになっちゃいますね(*‪´∀`‬*)

 

伊東さんのサックスは、普段スクェアで聴いてるときの印象と比べて、さらにのびやかでふくよかな音に感じられました。会場の規模がそこまで大きくないから、普段よりも生音に近い音が聞けるのかもしれません。録音やPAの状況によっては低音の響きが失われて上澄みだけのような音になってたりすることもあるので、やはり生に近い音で聴けるのは嬉しいなあ(*‪´∀`‬*) 

各メンバーの聞きどころになるとそのメンバーを見つめながら演奏される姿にほっこりしました。

 

宮崎さんとルイスさんのホーンセクションはばっちり合いまくっていて、とっても気持ちよかったー! どうしたらアインザッツや音の切れがあそこまで揃うのか…! さすがプロ!

ルイス・バジェさんのトランペットは音のキレがすごい! 中音はのびやかで、ハイトーンになるとハリのある音がピーンと響きます。ときどき伊東さんと目を合わせながら演奏されていたので、ベルが私のほうに向いてハイトーンに直撃されて、わーお♡と驚きました。

 

養父さんのギターは今回初めて聴きました! イントロでギターが印象的にリードを取るところが音が伸びやかでかっこよかった! ほかにもソロのところでワウワウとした音を使われてたりして、こんなギターの音は初めて聴いたなーとびっくりしました。

 

ルイスさんが突然シャウトし始めた?とびっくりしてたら、ラテンの曲が始まりました♪ あっ、これはゲタ夫さんのライブで聞いたことがあるやつ! Oye Como Vaです♪

後で知ったけど、伊東さんのアルバム「Favorites」に収録されてるバージョンだったのですね!

演奏メンバーはほとんどフュージョン畑の人なのに、ラテンもしっかりラテンのノリで演奏できるんだー、さすがだなとうっとり(人*´▽`)+・。*

 

川口千里さんはほんと上手い…! 前にライブで聞いたときはかなりパワー系だなという印象だったのですが、今回はタイトで重くて、渋みもあってさらにかっこよくなってました。進化してるー! あの細い小柄な体のどこからあのパワーが…。

MCのときや曲始めのカウントのときはニコニコと笑顔なのに、カウントが終わって曲に入る瞬間にスッと真剣な顔になって、シリアスに演奏されるので、その姿もまたカリスマ性を感じます!

 

伊東さんが最後にメンバーを紹介するときに、「ドラムス、川口ちさと」と呼んでしまい、「あっ、せんり、です」と言われて、「あっ、つい間違えちゃったよ〜。ごめんねー🙇‍♂️」とやっちゃったモードでふにゃっとなっていて面白かったw

 

アンコールは伊東さんの独奏から。やはり伊東さんは人目を引きつけるオーラがありますねー(*‪´∀`‬*) 

そこから宮崎さんが入ってきて、アルトとテナー2人だけでの演奏。サックスの音の美しさ、特に低音の響きがしっかりと感じられて、とても美しい演奏でした。宮崎さんがリードを取ったり、伊東さんがリードを取ったりしながら、2人で会話するようなやりとりで、引き込まれました。

そのあとメンバーが入ってきてノリノリに!

 

(記憶が確かならこのアンコールの曲で)最後はまた伊東さんと宮崎さんだけの超ロングトーン…を始めようとしたところで、宮崎さんがちょっとタンマ、という感じでマウスピースを直して仕切り直し、会場からも笑いが出て、ちょっと緊張が和らいだ感じに。そこから真剣にロングトーン。2人ともどうしてあんなに長くロングトーンできるのか? 循環呼吸ができるのかな??

 

とっても楽しく1部が終了〜!

 

 

2部も早く入れたので、今度はど真ん中のほぼかぶりつきの席で♪ さらに伊東さんを間近で見ることができます。

f:id:clapon:20200208185126j:image

ビールはもうさんざん飲んだので今度はカクテルで🍹

f:id:clapon:20200208185609j:image

シャンパンベースでベリー系で甘くておいしかった〜。女の子らしいことをしたなと満足して、次はやっぱりビールを頼んでしまった‪(´∀`;)‬

f:id:clapon:20200208185716j:image

 

さて2ndが開演♪

セットリストが1stとはかなり違っていて驚きましたー。

 

晋吾さんは今回はしっかりとバンドを支える演奏に専念してらっしゃいましたが、ソロも少しありました( ^ω^ ) スラップでかっこいい音を響かせながら存在感バッチリでした!

 

次はバラードを演奏しますと言ってEWIを準備し始めたので、EWIでバラードって珍しいな!とワクワク。

養父さんのアコースティックギターの優しい調べにのせて、EWIの音も柔らかくて、ふわふわした優しいバラードだなとうっとりしました。

 

2ndでもルイスさんのハイノートに直撃されましたw

伊東さんがMCで「ルイスのハイノートに直撃された人には今年いいことがありますよ」というので、ルイスさんの前らへんの席の人はみんな喜んでました(*‪´∀`‬*) 私もいいことあるかなー。

 

最後はPick Up the Piecesで! この曲は盛り上がりますねー!!

 

アンコールも1stと同じ曲で、伊東さんの独奏から。そこから宮崎さんが入り…後からルイスさんも入ってきて、ホーンセクション3人で合奏するのですが、これがリズム感とノリがぴったりと揃っていて! ドラムがないのにここまでテンポ感やノリが合うとは…とひたすらびっくり。そこからドラムとメンバーが入ってきても、そのノリとテンポを失わずに一気に全員演奏になって、ほんとプロはすごいなーとびっくりしきりでした。

 

最後の伊東さんと宮崎さんのロングトーンでは、「勝負!」と言って始まり、ずーっとロングトーン。2人ともヘロヘロしてきたところで伊東さんがもう息切れ…になり、宮崎さんがガッツポーズ! 楽しい!

盛り上がって終了しました〜!

 

伊東さんはこのユニットではソロをバリバリとたくさん吹く感じではなくて、バンドの中で一緒に演奏することを大切にされてるのかな?と感じました。一体感のある演奏で、ゴージャスでとても素敵だったー(*‪´∀`‬*) 一気に好きになりましたー。楽しかった!

 

終演後しばらくして、伊東さんが会場に出てきて、いろんな方に挨拶してまわってらっしゃいました。忙しそうだったので私は遠目から見てましたが、ステージではないときの伊東さんは素朴な優しい感じでオーラ少なめでした( ^ω^ )

宮崎さんがいらっしゃったので、勇気を出して「宮崎さん握手してください!」とお願いすると、「あっ、ハイ」と言ってズボンで手をゴシゴシしてから、握手してくださいましたー♡ お互いに遠慮したので指先だけの握手になりましたが…初めて間近でお会いできてうれしかった♪

 

帰宅して、これは伊東さんのソロアルバムも聴いてみなければ…と思ってApple Musicで聴いてみたら、今回のライブで聴いた曲が♪  あっ、そうだったのかーと理解しました。

 

Oye Come Vaは前にゲタ夫さんのどのユニットで聴いたんだっけ…と検索してたら、松岡直也グループとスクェアが共演しOye Como Vaを演奏してた動画があったことを思い出しました! ここで聴いたのが初めてだったかも? かなり面白い組み合わせなので必聴です(*‪´∀`‬*)

 

とっても楽しかったので来年もまた行けたら(和泉さんとかぶらなければ)行きたいなーと思いました!  こういう音楽大好きですー!

 

12/21 THE SQUARE Reunion@神戸チキンジョージ

スクェアのチキンジョージライブ、12月21日分の振り返りです〜! 今さら感…💦 記憶が薄れかけてます〜💦 MCの前後関係が怪しいのですが、思い出して書きます。

 

前日のライブの後に友達と飲みに行き、楽しくなって次の店へと連れ回して飲み明かして宿に帰ったのが3時ごろ…。そんなわけで、起きたらもう次の日のライブでした(^Д^)

 

チキンジョージ6daysライブの2日目もTHE SQUARE Reunion(ノリスト)です!  

f:id:clapon:20200110023950j:image

 

入場順があまりよくなかったので、入ったときはすでに半分弱くらい席が埋まっていて、この位置からだとどうせ和泉さんは見えないし真ん中くらいに座ろうかなーと思って一旦は座ったのですが。スタッフの方が「前の方に1席あいてますよー!」とおっしゃったのを鋭く聞きつけ、はーい行きます!!とすかさず名乗り出て前に座ることができました〜! 行ってみたらなんと2列目の前日とまったく同じ席でしたー٩(⁎˃ᴗ˂⁎)۶ めちゃくちゃラッキー!

喜びの🍺

f:id:clapon:20200110025112j:image

 

2日連続のReunionなので、セットリストが変わるのかまったく同じなのか…とドキドキ。

 

メンバーが登場! 

1曲目は前日と同じくRISEでした。

 

曲が終わって、伊東さんがいきなり「がおー!」と吠えるので何かと思ったら、白井さんの服がアフリカっぽい、ライオンキングっぽいと楽屋で話題になってたかららしい(^Д^) その後もことあるごとに吠えてた伊東さん…

 

この日も「すとちゃんは遅刻魔だったよねー」という話になり、羽田空港で遅刻してゴルフバッグを持って参上!という話で盛り上がる(^Д^)

須藤さんが「遅刻魔でしたが、その後に入ってきた《本田雅人》という人がもっと遅刻魔だったので改心しました」と話し、《本田雅人》のところだけいつもマイクを外して話すので笑いました(*‪´∀`‬*)

 

Breeze and Youはいつ聴いてもかっこいいなー! イントロからしてかっこいいけど、どこを切り取ってもかっこいい! 複雑なコードで展開される曲を聴いていると、和泉さんの作曲能力はすごいなといつも思います。なにより最後の和泉さんのソロがいい(๑´ω`๑)♡ ライブで聴くとさらにかっこよさが際立ちます!

 

和泉さんのMCが入り、いつものごとく親父ギャグで会場を沸かせたあとに、「では次はこの曲! 『暁の向こうへ!』」と言ってBeyond the Dawnが始まりました〜♡  私の中では「夜明けをこえて」という訳だったけど、和泉さんが意図していた本来の意味はそうだったのですねー。

 

この日も伊東さんが「勇者」で大盛り上がり! 白井さんとソロバトルで熱く盛り上がってました! 

 

Sunnyside Cruiseでは、後半でメンバー全員でのソロ回しが! 伊東さんがランダムに目配せで合図していって、それを受けて順々にソロを披露していく感じでした。セッション感があってある! メンバーが目配せに応じてうなずいて、華麗にソロを決める姿がプロフェッショナルを感じて実にかっこよかったです(*‪´∀`‬*) 

 

2部であらためてメンバー紹介があり、安藤さんが「則竹くんが何を話すのか楽しみですが…」と振るのでみんなワクワク。

則竹さんの順番になり、「えー、チキンジョージという部分の中で、スクェアという部分の中で…」と話し始めた途端にメンバーみんな大笑い(^Д^)     「…という部分の中で」というのはチキンジョージの児島社長の口癖なんですよ、と和泉さんが説明してくれてみんなニヤニヤしてました(2つめの「ぶ」にイントネーションがつく)。

「スクェアという部分の中で演奏できてうれしいです…」「スティーブ・ガットとかすごい先輩が今もすごく活躍されていて…僕もがんばらないとなと思います」「坂東くんも...僕らのコンサートを見ていたそうで、ほんとおこがましいんですけど...僕に憧れちゃったりしてたのかな、なんて......(*≧∀≦*)」というのでかわいすぎかっ。

その後に話を振られた須藤さんがとっても話しにくそうだった〜(^Д^) 

 

Nab That Chap!を演奏する前に伊東さんがマイクを取って須藤さんに「これって本田時代の曲?《》」と聞いたけど、ほんとは《本田時代》というところでマイクを外すつもりが言い終わってから外してたので意味なさすぎて会場大爆笑でした(^Д^)  そのあとまた話の中で「《本田雅人》」と言って、今度は無事に成功したので、「できたできた」と喜んでた(^Д^)

安藤さんも話の中で「《本田雅人》」が出てくるたびにマイクを外して話しながらニヤニヤしてたので、本田さん愛されてる〜と感じました(*‪´∀`‬*)

 

この日もみんな座ってましたが、その中で須藤さんが客席乱入を敢行! みんな大盛り上がりでした!

 

セットリストが昨日と同じかーと思いながらも、最後はなんだかんだで腕を振りまくって完全燃焼!

正直なところ、もっと別の曲も聴きたいんですけどねー( ^ω^ ) マニアックな曲とか…。でもReunionのライブが聴けるだけでやっぱりとってもうれしい(*‪´∀`‬*) 次の機会も楽しみー!

 

<セットリスト>

RISE

Breeze and You

Anabelle

Twilight in Upper West

Beyond the Dawn

勇者

Sunnyside Cruise

 

Dans Sa Chambre

Pioggia di Capri

Miss You

Forgotten Saga

Nab That Chap!

Takarajima

Truth

 

Omens of Love

Little Mermaid

1/26 和泉宏隆ソロピアノ@水戸Girl Talk

今日は和泉さんのソロピアノライブ@水戸Girl Talkさんに行ってきました〜!

夕方からの開演なので終演も早く、特急でびゅーんと日帰りできるコースです( ^ω^ )

 

少し早めの特急で行ったのでお店の前で30分ほど待つことに。

f:id:clapon:20200126235950j:image

 

時間になったのでいざ店内へ! 一番乗りです〜\(^o^)/

顔が見える席とピアノの後ろの席のどちらにしますか?と聞いていただけたので、和泉さんに一番近い、ピアノの後ろの席にー(*‪´∀`‬*) 今日もかぶりつきだー!

f:id:clapon:20200127000748j:image

 

さっそくビールをがぶ飲み!

f:id:clapon:20200127001327j:image

何杯もおかわりしたのでお店の方に「ずっとビールを飲めるのがすごい!」と驚かれました。前にも「こんなにビールを飲む女性は初めて見ました…」と驚かれたのですが、4杯やそこらでは大したことはないのでは……

 

宇都宮などのライブでお会いしたことのある方が「初めて遠征してきましたー!」と水戸までいらっしゃっていたので、いろんなお話ができて楽しかったですー!!

 

いよいよ開演♪ 和泉さんが目の前にー(*‪´∀`‬*) 

 

今日も昨日と同じセットリストでニューアルバムの曲をたっぷりと演奏してくださいました〜!

 

和泉さんは「アルバム出したはいいけどアイツそのとおりに弾けないぞと言われたらどうしよう」などまた自虐的なぼやきが‪(´∀`;)‬

でも演奏はやっぱり素敵で、みんな静かにじっくりと聴き入り、演奏が終わるとほーっ(*´ω`*)とうっとり。ひきこまれる〜!

 

和泉さんの代表曲と言える某曲で、イントロを弾いてそこから本題に入ろうとしたところで、ありえない間違え方をして思わず手が止まり、お家芸の「こちら現場です」の巻き戻し芸が登場しました〜!! もはや名人芸で、待ってました〜( ^ω^ )  間違いをエンタメにする男。

 

今日の席からは和泉さんの右手がよく見えたので、鍵盤を押さえる様子をじっくり見ながら、この曲は何のキーかな…と観察してましたが、私は絶対音感がないので耳で聞こえる音と頭に浮かぶ音が違い、これ耳コピじゃさらっと弾けないな〜と降参モードに。キーがわかって音が取れる人を尊敬します(˶°0°˶) 和泉さんがいろんなライブで「原曲とキーが違うので…」とよく言われるけどまったくわからず‪(´∀`;)‬

 

最後までうっとりしてとっても楽しく終了〜!

終演後に和泉さんに話しに行ったら、やっぱり自己反省してぼやいてました。あんなに素敵なのになー(*‪´∀`‬*)

 

大全集アルバムのVol.2は和泉さんのファーストソロアルバム「AMOSHE」の曲がたくさん入ってますが、今日お会いした方はまだAMOSHEを聞いたことがないというので、今日のライブで初めて聞いたことに♪ どれも名曲なのできっと気に入っていただけたはず♪

私も実はAMOSHEを買ったのはほんの8年くらい前なのですが、聞いたら一気に好きになりましたー! ソロピアノバージョンと聴き比べるのも楽しそうなので、未聴の方はぜひこの機会にー!(*‪´∀`‬*)

AMOSHE 【アムシー】

AMOSHE 【アムシー】

  • アーティスト:和泉宏隆
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジ・レコード
  • 発売日: 2007/06/20
  • メディア: CD
 

 

帰りも途中まで送っていただけたので、楽しく和泉話をしました(*‪´∀`‬*) 

 

和泉さんの横顔を思う存分見つめながら演奏を聴けて、とっても楽しかったです! 幸せ…(๑´ω`๑)♡

 

2月もソロライブが続くので楽しみですー!!

1/25 和泉宏隆ソロピアノ@柏 Studio WUU

和泉さんのソロピアノライブ@柏 WUUさんに行ってきました〜♪

f:id:clapon:20200126005817j:image

 

ロピアノ大全集アルバム「Izumi Hirotaka Complete Solo Piano Works」のVol. 1と2の発売記念ライブという位置づけですが、「発売記念ライブと銘打つとプレッシャーになっちゃうので普通のライブ名にしました」とのこと(*≧∀≦*)

 

早い入場番号だったので最前列に座れましたー! かぶりつきですが、先週キーストンクラブやCabinで超かぶりつきで聴いてしまったのでちょっと遠く感じます〜( ^ω^ )

たちまちビール!🍺

f:id:clapon:20200126010110j:image

 

会場いっぱいのお客様! ワクワクしながら待っていると和泉さんが登場〜。

開口一番、「こんなに人がいらっしゃって…みなさんどうしたんですか!? 大丈夫ですか!?」と言い出すので笑ってしまいました(^Д^)  

 

ライブでは大全集アルバムの曲をたっぷり演奏してくださいました!! あれもこれも聞けてもう大満足〜(*‪´∀`‬*)  すばらしい…

今回のアルバムにグッときた方はぜひライブで聴いていただきたい!!

 

Vol. 1と2に収録されてるのは80年代から90年代前半の曲なので、私も昔からずっといろんな形で聴いてるわけですが、今回のアルバムでは昔の和泉さんが作ったメロディの中に今の和泉さんならではの演奏が交錯して、古いのに新しい! 今日のライブでも今の和泉さんならではのアドリブが感じられて楽しかったです!

 

MCのたびに自分の演奏に対するぼやきが炸裂してました(^Д^) 和泉さんはすぐ自己反省しちゃうタイプですからねー(^Д^) 

 

ロピアノだとしっかりお稽古をして挑まないといけないので大変…とちょっと前におっしゃってましたが、以前のライブで失敗した某曲のエンディングはバッチリ弾けてました! 「これから場数を踏んでいくとさらによくなると思う」とおっしゃってたのでこれからが楽しみ(*‪´∀`‬*)

 

和泉さんが曲を弾き終わると「ん〜」とうなる方がときどきいらっしゃいますが、今日よくよく聞いてると、和泉さん自身が誰よりも早く「ん〜〜〜(反省)」と言ってた〜(^Д^)  今までも何度も聞いてるのに、あらためて認識してニヤニヤしてしまいました。声の主はあなたでしたか…

 

あらためて手元を見ながらじっくり聴いていると、ソロでも音が薄くならないようにさまざまな工夫が施されてることがよくわかりました! 

 

全部通して聴いて、和泉さんの楽曲の素晴らしさ、演奏の美しさに胸がいっぱいになりました!

和泉さんよりピアノが上手な人はたくさんいるし、よく失敗もされますが、和泉さんにしか作れない世界があって、それがほんとに素晴らしすぎるー! 唯一無二…(*‪´∀`‬*) 尊すぎる…

 

WUUさんは音響がとてもよく、キッチンと客席が仕切られてるのでキッチンの音も気にならずに集中して聴けるので、思う存分楽しめました!

f:id:clapon:20200126015553j:image

 

たっぷり21曲も聴けて大満腹〜( *´3`*) でもまたすぐに聴きたくなる…!

 

今日のライブではTwitterでお友達になってくださってる方がいらっしゃってたので一緒にお話ししながら帰りましたが、「和泉さんの音楽は一度聴けばその魅力がすぐにわかるのに、聴いたことない人になんて説明すればいいかわからないよねー!」とおっしゃってて、まさにそうですよね!とうなずき。今の和泉さんはフュージョンではないし、クラシックでもないし、どジャズでもないし… もちろん心地よいだけのヒーリングミュージックでもないし。説明が難しい〜! ジャンルの枠にはまらない、まさに和泉オリジナルの世界(*‪´∀`‬*) それがたまらなく魅力的〜(*‪´∀`‬*)

 

楽しかったー! 明日のライブも楽しみです!

 

(セットリストなどは後日、このツアーが終わった後に追記します)

1/18 和泉宏隆&鳥山雄司Duo@六本木 キーストンクラブ東京

18日は和泉さんと鳥山雄司さんのDuoライブ@六本木 キーストンクラブ東京に行ってきました〜(*‪´∀`‬*) 

f:id:clapon:20200119144748j:image

 

去年の10月に開催予定でしたが台風で延期になり、その振替公演です! とっても楽しみにしてました〜! Sold Outになったみたいでさすが鳥山さんパワー( ^ω^ )

 

はりきって行ったので一番乗りでした〜! 寒い中を待っているとだんだんと人がいらっしゃって、開場直前には長蛇の列が! 

 

自由席なのでどこに座ろうか…とかなり迷ってあれこれ考えながら待ち、やっと開場! 結局、和泉さんのかぶりつきの席にしました(*‪´∀`‬*)  鳥山さんもよく見えそうです。

f:id:clapon:20200119145748j:image

 

以前に和泉さんのライブの常連だった方と一緒のテーブルになり、さらに友達ともたまたま同じテーブルに座れたので、みんなでわいわい話しながら盛り上がりました。

f:id:clapon:20200119150226j:image

常連だった方に聞くと、鳥山さんと和泉さんのDuoでライブハウスでやるのは10年ぶりくらいかな?とのこと。

 

いよいよ開演! お2人が出ていらっしゃり、鳥山さんがマフラーをしてらっしゃったのでおしゃれ〜と思ったら、楽屋が寒くて震えてたからだとか…。暖を取るためにドライヤーで手を温めようとしたらブレーカーが落ちた〜と面白おかしく言ってらっしゃって笑いました(^Д^) 手がかじかむと演奏できなくなるし、暖かい楽屋になるといいんですが…

 

1曲目はドビュッシーの「月の光」を鳥山さんのアレンジで。和泉さんのピアノがクラシカルな響きによく合います。和泉さんも昔のソロアルバムで月の光をカバーしてらっしゃるので、お2人とも好きな曲なんですね! 途中の展開部から曲調が変わってテンポが入った感じになるのが素敵で驚きました。

 

2曲目は鳥山さんの「An Evening Calm」。鳥山さんが「これは自分でもいい曲だと思うんだよ」とおっしゃってましたが、ほんといい曲(*‪´∀`‬*) アコースティックギターのしっとりしたメロディとアルペジオに癒されます〜。弦をキュキュと鳴らしながら演奏されるのがアコースティックな感じで雰囲気あって素敵だった。終始美しい曲で心打たれますが、特に和泉さんが入ってきてメロディを弾き始め、鳥山さんが伴奏するところがとてもグッときました〜! このDuoにぴったりの曲!

 

3曲目はパヴァーヌパヴァーヌといえばラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」が有名ですが、今回はガブリエル・フォーレパヴァーヌとのこと。やさしい響きのブルースになっていて素敵だったー。

 

かぶりつき席なので和泉さんが置いてる譜面も全部見えるのですが、テーマとコードしか書いてない、とてもプロの譜面( ⊙_⊙) どこを演奏されてるのか目で追って見てもよくわからないところばっかりでした! コードを見ただけであんな演奏ができるの、ほんとプロはすごい…

 

続いては、和泉さん作のSky, So Blue。元々は鳥山さんのギターのために作曲したそうです。普段トリオや他のユニットで演奏されるときはキーを低くしてるけど、元々はもっと高いキーを想定してらっしゃったとのこと(Gのキーのようでした!)

「元々はあなたと演奏するために作曲したのに、他のギタリストと録音してしまったわ。」「なによー。そうなの?」「そうなの。ごめんなさいね。反省してるわ。」と和泉さんのオネエ言葉に合わせて鳥山さんもオネエ言葉になってるのが面白かった(^Д^)

キーが高くなって鳥山さんのギターで聴くと、いつもにましてスカッとした爽やかな青空が感じられました♪

 

4曲目は鳥山さんの「おかえり」。鳥山さんのギターソロから始まって、しみじみ沁み渡るやさしい曲ですね(*‪´∀`‬*) じっくり演奏に聴き入って素敵だった〜と思っていると、和泉さんが「弾いてて何回目かわからなくなったわ…」と言い出してオチをつけてたので台無し〜(^Д^)

 

1部最後はPYRAMIDでもカバーされてる「Affirmation」! ジョージ・ベンソンさんの演奏をよく聞いてらっしゃったそうです。

「今日はここらへんに神保くんがいるような気持ちで聞いてくださいね」と鳥山さん。神保くんは昔から姿勢がよくてすごい、戸板ドラマーと呼ばれていたなど楽しいエピソードを教えてくれました。

アコースティックギターでグルーヴのあるかっこいい演奏だった〜! 和泉さんが足でリズムを取ってる足音がダイレクトに聞こえてうれしくなりました(*‪´∀`‬*)

 

和泉さんをかぶりつきでじっくり聴けて、さらに鳥山さんも正面からじっくり拝見することができ、とっても満喫ー! 鳥山さんの手元がよく見えて、こんな至近距離で見られることなかなかないねと友達と話して盛り上がりました。

 

2部は和泉さんのNorthern Island Breezeから。和泉さんが「利尻島あたりの曲です」と言ってたのでウケる(^Д^) ギターとのDuoで聴くのは久しぶりなのでワクワク♪ やっぱりコードを弾ける楽器が2つだと音が厚く感じるなあと♪ いつものピアノソロの部分はギターソロになっていて、しっとり美しかった♡

 

続いては、ラーシュ・ヤンソンさんのResting in the Shadow。私はこの曲は初めて聴きます! やはりヤンソン先生の美しいメロディが印象的な曲ですね。お2人が演奏されるとやさしい響きでゆったりと聴けました。

 

10月のときはしっかり2人でお稽古したけど、今回のライブは前日に鳥山さんからリハする?と誘われたのに「寒いので個人練習で…」と断ったそう。個人練習はいいけど、和泉くんの書いた楽譜が雑でコードを読み間違えてたよ〜と鳥山さんが言うのでおかしかった(^Д^) 鳥山くんの楽譜はきっちりしてるからね〜と和泉さん。

 

次の曲もラーシュ・ヤンソンさんのMarionette。和泉さんお気に入りの曲♪  始める前に和泉さんが「確認ですけど、ここは1回繰り返しでいいかな?」と聞いたので、鳥山さんは「公開打ち合わせじゃん!」と笑ってました。和泉さんのライブだと日常風景なのですが(^Д^)

鳥山さんのセミアコのメロディが美しかったー。和泉さんのソロがキラキラしてました(*‪´∀`‬*)

 

続いては、和泉さん作のRain Dance。この曲の楽譜が雑で、GをC7と読み間違えたらしい(^Д^)

この曲は2018年に軽井沢で和泉さんと鳥山さんのDuoで演奏されたときに初めてギターとのDuoバージョンを聴いて、途中で転調するバージョンなのでびっくりしたのですが、今回どうだったかあまりよく覚えていません‪(´∀`;)‬  やはりギターの音がとてもきれいなので、とても曲に合います♪

 

続いては、あまりライブでは演奏されてこなかったという鳥山さん作のBesides You。「他の男とはやってないわよー」「そうなのね。うれしいわ」と言うので笑いました(^Д^)

演奏前に和泉さんがちょっと待って練習させて…と言って練習し始めたので、鳥山さんは「公開練習!!」と笑ってました。すみません、和泉さんのライブではよくあることです…(*≧∀≦*)

和泉さんのピアノの伴奏が印象的でした。ピアノがメロディをとっているところから、ギターが入ってきて2人でユニゾンになるところが好きでしたー♡ 

 

続いては、ミルトン・ナシメントのVera Cruz。ミルトン・ナシメントはブラジルの方ですが、「ブラジルだけど今回はスパニッシュで演奏するという」と鳥山さん。和泉さんがメロディを演奏するバックでスパニッシュで情熱的なバッキングをしていらっしゃってかっこよかった! お2人が真剣な顔で目で息を合わせてらっしゃるところを見ることができて、グッときました。

 

最後は鳥山さんの代表作、The Song of Life!  アコースティックギターのソロから入って、とても素敵だったなあ(๑´ω`๑)♡ ピアノとギターというシンプルな組み合わせでこんなに豊かに広がりが出せるのかとうっとりしました。やっぱりいい曲ですねー!

 

曲が終わって会場が拍手でいっぱいになったと思ったらすぐに「はいやります」と和泉さん。アンコールの拍手になることすら待たない(^Д^) 鳥山さんも「一応これはアンコールとして予定してる曲ですからね…」と会場に向かって念押ししてました。

アンコールはForgotten Saga! 美しかったー(*‪´∀`‬*) 鳥山さんの音がほんときれい! ジーンと心に残りました。

 

会場が大きな拍手に包まれ、2人は下がっていきましたが、やはりそれでは済まず、アンコールの拍手が湧き上がります! 出ていらっしゃるかな?と友達と話しながら手拍子して待っていると、お2人が出ていらっしゃいましたー! ダブルアンコール!

「何する?」と打ち合わせして、やっぱりあれかなということで、チック・コリアのSpainに♪ 

やはりスペインだけにギターがよく合いますね! スパニッシュなバッキングがかっこよかったー。和泉さんもソロがやりやすそうでした♪ かっこよかった! 大盛り上がりで終了〜!

 

お2人の美しくやさしい音楽が心に沁み渡り、ほんとにいいものを聴いたな〜と感動しました。とても素敵なライブでした♪ 鳥山さんの演奏をこんなに至近距離でじっくり聴ける機会はなかなかないので貴重でした♪  なにより和泉さんのかぶりつきで聴けて、全身に音を浴びてもう幸せでいっぱいでしたー(*‪´∀`‬*)

 

終演後は和泉さんと鳥山さんと写真を撮っていただきました(*´꒳`* )/  とってもいい記念になりました!! 和泉さんと写真を撮るのも1年半ぶりでした( ^ω^ )  うれしかった!

 

とっても楽しくて素晴らしかったので、またこんな感じでライブをやっていただきたいですー! 和泉さんにもそう伝えたら、たぶんまたやるよ〜とおっしゃってたので超期待! 楽しかった〜!

 

<セットリスト>

月の光(ドビュッシー

An Evening Calm鳥山雄司

Pavane(ガブリエル・フォーレ

Sky, So Blue(和泉宏隆

おかえり(鳥山雄司

Affirmation(ホセ・フェリシアーノ

 

Northern Island Breeze(和泉宏隆

Resting in the Shadow(ラーシュ・ヤンソン

Marionette(ラーシュ・ヤンソン

Rain Dance(和泉宏隆

Besides You(鳥山雄司

Vera Cruz(ミルトン・ナシメント

The Song of Life(鳥山雄司

 

Forgotten Saga

 

Spain(チック・コリア

1/19 太田剣&和泉宏隆Duo@本厚木 Cabin

今日は太田剣さんと和泉さんのDuoライブ@本厚木Cabinに行ってきました〜! 

f:id:clapon:20200119190725j:image

 

太田さんと和泉さんのコラボライブに行くのは去年の9月以来でとっても楽しみにしてましたー!

 

そんなわけで、開場時間からちょっと遅れてCabinに着き、席に通していただくと、なーんと和泉さんのかぶりつき席!!

f:id:clapon:20200119191626j:image

この距離でどーん!  いつもCabinのライブでは後ろの方の席だったのであまり期待せずに来たのですが、とってもびっくりしましたー(*‪´∀`‬*) 嬉しすぎる!

太田さんもよく見えそうです〜。写真ではわかりづらいけど、ソプラノサックス、アルトサックス、テナーサックス、バスクラリネットがずらっと並んでました。

f:id:clapon:20200119214311j:image

 

大喜びでとりあえずビールとカレーで腹ごしらえ。

f:id:clapon:20200119192712j:image

 

太田さんと和泉さんが登場。まずは互いの紹介ということで、太田さんが和泉さんのことを「巨匠」と紹介すると、和泉さんが「もう! 巨匠って呼んじゃだめって言ったでしょ。そんなに持ち上げたらダメ。重たいよ!」と言うので2人のやりとりが面白すぎてさっそくニヤニヤ(^Д^)

 

太田さんが「今日は午後のライブなのでお茶を飲みながら…」的な話をしかけて、「あ!ビール飲んでる!」と私と私の前の人がビールを飲んでるのを目ざとく発見されたので思わず乾杯しそうになりました。

 

1曲目はラーシュ・ヤンソンさんのMarionetteでした。和泉さんの美しいピアノにソプラノサックスの音がやわらかく響いて、とってもやさしい世界に〜(*‪´∀`‬*)

 

またMCが入り、またまたやりとりが面白すぎてみんな大笑い(^Д^) 和泉さんが太田さんに「また音数多い〜😂 1小節12音までにしよう」というと、太田さんは「では8音に」とか答えながら明らかに守る気がなさそうで面白かった(^Д^)

 

和泉さんが「ギターとピアノのDuoならピアノソロのところでバッキングをしてもらえるけど、サックスとのDuoでソロになったらほんとのソロピアノじゃん! さみしい…。けどリハで剣ちゃんがシェイカーを振ってくれて、中の1粒1粒が綺麗に鳴っていて素敵だったわ」と言うので、太田さんは「ハードルが上がった😂」と笑いながらまた面白いやりとりが続きました。

MC面白すぎる〜(^Д^)

 

2曲目は酒とバラの日々。アルトサックスにリバーブがかかっていて、ゴージャスな感じになっていました。和泉さんはこの曲とっても好きですよね(*‪´∀`‬*)

 

続いては、My One and Only Love。かぶりつきで和泉さんのピアノで聴くともううっとりします〜(๑´ω`๑)♡ 

 

和泉さんのニューアルバムの話になり、太田さんがせっかくならその中の曲をやってはどうかと思って楽譜がありますか?と聞いたけど楽譜がないというので、全部頭の中に入ってるんですね!と驚いてました。ほんといつも和泉さんの頭の中はどうなってるのか…と思います。

 

続いては、ミルトン・ナシメントのVera Cruz! この曲かっこよくて大好き〜! 前日の鳥山さんとのライブでも演奏されましたが、ドライブ感がある和泉さんのバッキングが大好きです(*‪´∀`‬*)  サックスでメロディを演奏されるとますますドライブ感がある〜。ピアノソロではアドリブと左手のベースだけなのでやっぱり音が薄くなりましたが、太田さんがシェイカーをやさしく振ってとても雰囲気がありました〜。和泉さんはソロに必死で「シェイカーを聞く余裕がなかったわ」と言ってましたが…

 

続いては、太田さん作のGrandmother's Waltz。おばあちゃんに捧げる曲として作曲されて、太田さんのユニットの最新アルバムに収録されてるのだそうです。やさしいワルツで気持ちいいなあと思って聞いていると、途中からスウィングになるので驚きました。それがまたかっこよかった♪  和泉さんのピアノで清らかでゴージャスになり、いっそうやさしい気持ちになりました。素敵な曲!

 

1部最後はNorthern Island Breezeでしたー。太田さんとのコラボライブではこの曲をいつもテナーサックスで演奏されます。今日もまた素敵だったー(*‪´∀`‬*)  いつも和泉さんのピアノソロになったところのコード進行が好きすぎるのですが、太田さんが入るとそのピアノソロの部分がサックスソロになり、そのバックで和泉さんがあの素敵なコードを演奏されるので、その様子を間近で見ながらニコニコが止まりませんでした。あのコードの上でかっこいいサックスソロがまたよかったなぁー(*‪´∀`‬*)

 

2部の最初は、キース・ジャレットのCountry。美しいメロディにグッときます…! 2人の演奏をしみじみと聞き入り、ほんとにいい曲だなー!とまた感動。 やさしい音で心にしみわたります(๑´ω`๑)♡

 

続いては、アントニオ・カルロス・ジョビンのHow Insensitive。透明感があって素敵な演奏でした。シェーカーがまたいい味を出している〜。

 

続いては、There Will Never Be Another You。サックスがのびやかな音で気持ちよかったー。演奏後に和泉さんが「ピピー! 罰金です! 音数が多すぎましたよ! あおり演奏ですよ!」というので面白かった(^Д^)

 

続いては、11月の雨。メロディをバスクラリネットで演奏されるので趣があります。私は吹奏楽をやっていたのでバスクラはクラシカルな音のイメージが強いのですが、太田さんの音はやはりジャズな感じの音でした♪ メロディは高めの音で演奏されましたが、ぐっと低音まで下がるところもあり、音の深さにグッときました。途中でソプラノに持ち替えられるところもグッときます。

 

続いては、ラーシュ・ヤンソンさんのHilda Smiles。和泉さんが「イントロを練習したけどヤンソン先生のように弾けない」と言って始められましたが、情感のこもったイントロでとても素敵でしたー♡  ピアノもサックスもやさしくてきれいで美しくて…心が洗われるようでした♪ 和泉さんのソロのところでは、聞いているととてもかわいらしくて愛らしいイメージが湧いてきて思わずニッコリ(*‪´∀`‬*)

 

最後はチック・コリアのSpain! かっこよかったー! ピアノソロになるとソロピアノになって大変そうでしたが、真剣な表情を見てまたニヤニヤ(〃▽〃)♡ ソプラノサックスの独特な音色がまた曲によく合って素敵!

 

アンコールはForgotten Sagaでした! もううっとり(๑´ω`๑)♡ 太田さんがTHE SQUAREのオリジナルバージョンのイメージを壊さずに演奏してくださるので感激。さらに細かいニュアンスで太田さんの個性も感じられてとても素敵な演奏でした♡

 

とっても美しくて感動しましたー。

前日の鳥山さんとのライブも今日の太田さんとのライブも、とても音がやさしくて美しくて、心にじんわりしみわたってきて、私はやっぱりこういう音楽が大好きだな〜と思いました(*´∀`*)

 

<セットリスト>

Marionette(ラーシュ・ヤンソン

酒とバラの日々ヘンリー・マンシーニ

My One and Only Love(ガイ・ウッド)

Vera Cruz(ミルトン・ナシメント

Grandmother's Waltz(太田剣

Northern Island Breeze

 

Country(キース・ジャレット

How Insensitive(アントニオ・カルロス・ジョビン

There Will Never Be Another You(ハリー・ウォーレン)

11月の雨

Hilda Smiles(ラーシュ・ヤンソン

Spain(チック・コリア

 

Forgotten Saga

 

太田さんと河合大介さん、大槻”KALTA"英宣さんとのユニット、Organic Bop!!のニューアルバムを販売してらっしゃったので、終演後に買ってサインもしていただきましたー(*‪´∀`‬*)

f:id:clapon:20200119232540j:imagef:id:clapon:20200119232548j:image

 

また和泉さんと一緒に演奏していただきたいなー♡

 

2/9には同じくCabinで和泉さんのソロピアノライブがあるので、ポスターの写真を撮ってみましたが、この写真がすでに別人になりかけてて笑う(^Д^)

f:id:clapon:20200119232816j:image

こちらのライブも楽しみですー!